レンジローバーを中古で買うときのメリット・デメリットは?



販売が終了した車も手に入る

レンジローバーを中古で買うメリットとして真っ先に挙げられるのが、コストの安さです。新車で購入をするよりもずっと安価で購入ができますから、安さを求めて中古を選ぶのは多くの場合の選択理由の一つになります。しかし、中古のメリットはそれだけでなく販売が終了してしまった車も購入できるというものがあります。車は常に新しいものがいいとは限らず、人によっては古い型が好きという人も珍しくありません。特にレンジローバーのように趣味性の高い車だと、現行車種よりも古い車種の方が好みという人も多く、選択肢が豊富にあるというのは中古のメリットになります。

品質面での不安が残る

中古のデメリットは、やはり品質面での不安が残るというものです。中古ということはある程度使用をされていて年数も経っているため、車が消耗をしていることになります。そして、車の正確な状態を知るのは難しいので、いつトラブルが起きるか、いつまで乗り続けることができるのかを判断しにくいのはデメリット言えるでしょう。中古だと保証面でも新車ほど充実をしていませんから、購入してすぐにトラブルが発生して補償もされないということは珍しくありません。

そうなってしまうと、せっかく安価で購入ができてもメンテナンスでお金がかかってしまうことになります。外国車ともなると整備費用や修理費用も高額になりがちなために、メンテナンス費用で新車購入以上に出費がかさんでしまうなんてこともあるので注意が必要です。また、単純に安全性の面でも運転中にトラブルが発生するのは事故に繋がりかねないため、品質面の不安のデメリットは決して無視することはできません。

セレブの間で愛用されるレンジローバーは国内では出回っている数が少なく、レンジローバーの中古車となると他の外車と比べても見つけるのが難しくなっています。